レコードプレイヤーとの接続について

お客様からのお問合せで、
「昔そろえたレコードを楽しみたいのですが、どうやって繋げたらいいでしょうか?」

といったご質問をよくいただきます。
そこで、レコードプレイヤーの接続方法について簡単にご紹介させていただきます。

レコードプレイヤーをお楽しみ頂くには、大前提として
“フォノイコライザー” という機器、またはこの機器が内蔵された
プレイヤーまたは、アンプが必要となり、大きく分けて3パターンの
接続方法がございます。

1) フォノイコライザーを使用する場合

レコードプレイヤー、アンプ共にフォノイコライザーが内蔵されていない場合は、
別途フォノイコライザーをご用意いただき、レコードプレイヤーとアンプの間に
フォノイコライザーを取付ける必要がございます。

2) レコードプレイヤーにフォノイコライザーが内蔵されている場合

レコードプレイヤーをアンプの音声入力端子(AUX)に接続することで
お楽しみ頂けます。
フォノイコライザーが内蔵されているレコードプレイヤーの場合
多くの機器で、フォノイコライザーの有効・無効を切り替える設定が
ございます。
この設定を「有効」に設定してください。
※ より詳しい設定方法は、各プレイヤーの取扱説明書をご参照くださいませ。

3) アンプにフォノイコライザーが内蔵されている場合

レコードプレイヤーをアンプの音声入力端子(PHONO)に接続することで
お楽しみ頂けます。
フォノイコライザーが内蔵されているレコードプレイヤーを接続する場合は
レコードプレイヤーのフォノイコライザーを「無効」に設定してください。
※ より詳しい設定方法は、各プレイヤーの取扱説明書をご参照くださいませ。

◆レコードに最適のスピーカー
 MS1001シリーズ、RS0802シリーズ