お客様の声

お父さんへの贈り物

お父さんと娘さん。お二人でのご来店でした。
二人で並んでソファに着かれたあと、お嬢さんが口を開きました。
「お父さんにいい音で、いい音楽を聞いてもらいたいと思って、今日
ここに来ました」
お茶を飲んで一息つくと、すぐに、
「私、オーディオとかぜんぜん分からないんです。でもいろいろ調べました。それでエムズさんならば、お父さんが喜ぶと思って」
とてもお父さん想いのお嬢さんです。
「お父さんは一度、海に出ると半年以上帰ってこないのです」
そこで初めてお父さんが話だしました。
「船乗りのもんだから。1回の航海がだいたい6か月か7か月かかるんですね。
で、陸に上がると、もう音楽ばかり聞いているんですよ。もちろんね、船の上でも聞いてはいるんですが、音も悪いしね。休んでいても、船の上では本当の休みとは言えないし、寛げないんですよ」

「船から降りたお父さんが一番楽しみにしているのはのんびりと音楽を聞くことなんです。だから、私、一番いい
スピーカーを探して、お父さんに聞いてもらいたいと思って」
二十歳くらいのお嬢さんにこんなふうに言ってもらえるお父さんはとても幸せですね。

MS1001Mとアンプのセットをとても気に入ってくださったのですが、その日はお買い上げになりませんでした。
「来週にはもう出てしまうんで」
「お父さん、また半年くらい帰ってこないんで、今日は買えませんが、半年後にまた来ます」

MS1001-M(メープル)

そして7か月後。Sさん親子はあの日と同じようにご来店になり、約束通りMS1001Mとアンプのセットをお買い上げくださいました。

この仲の良い親子のお二人にはその後のお話もありまして。
次の航海を終えたお父さんがお一人でご来店されました。

「航海の終盤、久しぶりに陸にあがったのですが。シンガポールです。ホテルでテレビをつけ、なんとなくぼんやりと眺めていたら、見覚えのある形が映っていて。こりゃ、エムズのスピーカーじゃないかと思って。座り直して見始めたら、まさしくMS1001Mじゃないですが。驚きました。自分の使っているスピーカーが海外のテレビに映っているもんだから。こう言っちゃ失礼だけども、それほど有名でもないスピーカーが何んで、シンガポールで流れているだってね。真剣に見ましたよ」

NHKの海外放送の「グレートギア」という番組で「クール・ジャパン」の製品を紹介するコーナーがあり、かなり丁寧に取材して紹介してくださった番組でした。
しかし残念ながら国内では放映されず、いったいこの番組は誰がご覧になるのだろう?と思っていたのですが、まさか船乗りのお父さんが
シンガポールでご覧になるとは。
長い航海の最後に寄港したシンガポールのホテルでの一瞬のタイミングよく放映されたものだと驚きました。
「それで今日は、娘にもこのスピーカーを買ってあげようと思いましてね」
お父さんはカゲエ・スピーカーを2つご購入くださいました。たしか『天使のまほう』のろうそく色とブルーをひとつずつ。
お嬢さん、お二人いたんですね。ギフト包装を承ってパッケージを整えていると、
「もう一つ頂いて行こうと思います。このネコのやつを。これはギフト包装は要りません。私も船の上で聞こうと思って」

お父さんは三つのカゲエスピーカーを持って、
7か月ぶりに娘さんの待つ家に帰って行きました。